シストレに適した通貨ペア選び

通貨ペアは様々
FX業者により違いはありますが、現在取り扱われている通貨ペアはかなりの数になります。システムトレードに限った話ではありませんが、それぞれ通貨ペアごとにある特徴を理解しないと取引を効率的に行う事は困難です。

一般にメジャー通貨ペアと呼ばれるものは、

・ドル(USD)
・ユーロ(EUR)
・円(JPY)
・英ポンド(USD)
・スイスフラン(CHF)
・カナダドル(CAD)
・豪ドル(AUD)
・NZドル(NZD)

これらの流通量の多い8通貨同士のペアで、大抵のFX業者で取り扱われています。

その他の通貨では、

・南アフリカランド(ZAR)
・デンマーククローネ(DKK)
・トルコリラ(TRY)
・香港ドル(HKD)

などがマイナー通貨と呼ばれ、FX業者次第で取り扱っていたりいなかったりします。

これらの通貨にはそれぞれ特徴があり、システムトレードを行う際にはその特徴に沿った戦略を練る必要がありそうです。

通貨ペアの値動きの特徴を把握する

システムトレードにはどのような特徴を持った通貨ペアが適しているのでしょう。

一般的に言われるシストレに適した条件は
[動性が高く売買チャンスが多い
低スプレッドで取引ができる
K富なデータが揃っている

以上のような点が重要視されます。

これらの条件から考えると、やはりメジャー通貨ペアがシストレに適していると言えるかも知れません。更にメジャー通貨ペアの中でもそれぞれ特徴があります。

例えばユーロドルならば流通量は世界一で、比較的相場に動きが出やすいため売買チャンスが発生しやすいです。
また、ドル円は日本のFX業者ではかなりの低スレッドで提供している場合が多いため、コスト面で有利です。

豪ドル米ドルや豪ドル円はスワップが高めのため、レンジ相場になりがちでトレードがしやすい傾向があります。他にもポンドやユーロがらみの通貨ペアはやや荒れた動きをする事が多く、ハイリスクハイリターンの取引になりがちな通貨です。

シストレの手法や戦略も様々ですので、どのような特徴を持った通貨ペアと相性が良いかは、やってみるまでわかりません。システム作りを行う時には、ターゲットとなる通貨ペアを選択し、よく特徴を理解した上でシステムとの相性を確認していきましょう。

システム選択型の人気FX業者ベスト3!

シストレを簡単に始められる選択型の自動売買システムを用意しているFX業者の人気ベスト3をお届け!自分の取引戦略に合うものを検索して選ぶだけで無料で簡単に24時間システムトレードが可能になります。直感的にすごい簡単に操作できるので、FXを初めて行う人でも迷わずにシストレを実行できます!

>> FXシストレランキングをすべて見る

シストレ対応FX業者比較
最新人気ランキング
総合比較
選択型から選ぶ
プログラム型で比較
売買戦略型を比較
未来予測型を比較
売買シグナル機能で選ぶ
マット今井式売買ができる業者
サーバー管理型と手動型
システムトレード入門
システムトレードとは?
ポートフォリオの構築方法
シストレ方法の種類
レバレッジは数倍程度でOK
トラックレコードの読み方
裁量トレードの手間を軽減できる
シストレに必要な能力
シストレに適した通貨ペアは?
デモトレードでまずは検証
シストレの勝率を考えてみる
シストレに必須のバックテスト
テクニカル分析からシストレ作成
基本的なテクニカル分析の種類
売買システムの評価基準は?
資金サイズに合わせた運用
元手資金はいくら必要か
シストレにおける損切り
ツール別に比較!
MetaTrader4
ZuluTrade
DealBook
掲載FX会社一覧
FXトレード・フィナンシャル
インヴァスト証券・シストレ24
ぱっと見テクニカル
外為オンライン
ひまわりFX
マネックスFX
セントラル短資FX
みんなのシストレ
マネーパートナーズ
みんなのFX
カブドットコム証券
24時間完全自動売買!!
ひまわりFXのエコトレFX!