手間のかかる裁量トレード

自分で思い通りに取引できるのが裁量トレードの特徴ですが、一生懸命チャートを使って相場分析しても思うような結果が出なかったり、最適な取引タイミングをパソコンの前に座ってじっと待つといったデメリットも生じがちです。それに加えて、通貨ペアの選択や新規注文から決済までの売買判断など、色々なことを自分自身で意思決定しなければならなく、非常に手間のかかるトレード方法だということが言えます。

指値注文や逆指値注文、IFD、IFOなどの注文機能を使って、それなりに高度な取引を行うにしてもFX初心者には敷居が高く、中上級者の方でも、「どこでエントリーしていつまでポジションを持つべきか?」、「ストップロスのラインはどこに設定しようか?」「決済のタイミングが難しい…」など悩みはつきません。

メンタルタフネスが要求される裁量トレード

散々悩んだあげくに1つのトレードを始めても、これを継続していくことは体力・気力の面でも相当疲弊する場面に出くわす可能性が高いです。予測できない為替相場の動きによっては、想定外に大きな含み損を抱えてしまう局面もあるかもしれません。「反発を期待しようと思って粘ったらよいのか?」「反発しなかったら今以上の損失が出てしまう…」「どうやって取引終了したらよいのだろう…」など、一人で解決方法をとことん詰めなければなりません。

このようにFXにおける予想外の相場局面では、誰もがどうしても冷静さを欠き、感情的になってしまうな部分が出てきてしまいます。家庭や仕事上での心配事やストレスを抱えた状態で取引を行えば、尚更取引の判断力にブレが生じます。平静さを常にキープできる強靭なメンタルがないと裁量トレードを続けていくのは難しいのです。

シストレでFX取引をするのであれば、通貨ペア選びから売買判断をする手間もなくなり、トレード中も感情に揺さぶられるということはなくなります。裁量トレードを続けていくことに自信のない方は、これを機にシステムトレードについて学んで、新たな取引方法を模索してみるのがよいでしょう。

シストレ対応FX業者比較
最新人気ランキング
総合比較
選択型から選ぶ
プログラム型で比較
売買戦略型を比較
未来予測型を比較
売買シグナル機能で選ぶ
マット今井式売買ができる業者
サーバー管理型と手動型
システムトレード入門
システムトレードとは?
ポートフォリオの構築方法
シストレ方法の種類
レバレッジは数倍程度でOK
トラックレコードの読み方
裁量トレードの手間を軽減できる
シストレに必要な能力
シストレに適した通貨ペアは?
デモトレードでまずは検証
シストレの勝率を考えてみる
シストレに必須のバックテスト
テクニカル分析からシストレ作成
基本的なテクニカル分析の種類
売買システムの評価基準は?
資金サイズに合わせた運用
元手資金はいくら必要か
シストレにおける損切り
ツール別に比較!
MetaTrader4
ZuluTrade
DealBook
掲載FX会社一覧
FXトレード・フィナンシャル
インヴァスト証券・シストレ24
ぱっと見テクニカル
外為オンライン
ひまわりFX
マネックスFX
セントラル短資FX
みんなのシストレ
マネーパートナーズ
みんなのFX
カブドットコム証券
24時間完全自動売買!!
ひまわりFXのエコトレFX!