元手資金はいくらから?

元手資金はいくら必要?
シストレを初める前に元手となる資金を決めなければいけません。元手となる資金は多いに越した事はありませんが、いくらでも用意できるという人は稀です。

さて、実際に元手資金をどのくらい準備するべきかなのですが、結論から言えば5万円程度からでも1000万円でもOKです。ただし、少額予算から初めた場合と豊富な資金を元手に初めた場合で同じと言うわけではありません。少ない資金から大きな利益を出そうとすれば、必然的にリスクの高い運用となってしまうため程良いバランスでの運用を心掛けるのが良いでしょう。

いくら稼いだかではなく何倍にしたかが大事

シストレに限らずFXなどの投資全般においては、資産の多寡は多ければ多いほど有利と言われています。100万円の資金で10万円増やすか、10万円の資金で10万円増やすかでは100万円からの方が容易なのは言うまでもありません。

しかし、元手となる資金が少ない場合はどうすればよいのでしょう。確かに資金10万円から初めた人が、資金1,000万円から初めた人より大きな金額を稼ごうとすればかなり厳しいです。そこでちょっと考え方を変えてみましょう。

100万円の元手で10万円の利益を出せば利益率は110%となります。一方で10万円の元手で10万円の利益を出せば利益率は200%ですね。シストレにおける成功とは「いくら稼いだか」ではなく、「元の資金を何倍にしたか」と考えるようにしましょう。

システムを選択して簡単にシストレを始められるFX業者ベスト3!

FX業者のシストレツール内に数多く用意されている自動売買システム中から自分の取引戦略に最適なストラテジーを選択するだけで無料で簡単に24時間自動売買ができるようになるツールを紹介します。操作方法もかなり簡単でFX初心者でも迷わず直感的に実行できます!

>> FXシストレランキングをすべて見る

シストレ対応FX業者比較
最新人気ランキング
総合比較
選択型から選ぶ
プログラム型で比較
売買戦略型を比較
未来予測型を比較
売買シグナル機能で選ぶ
マット今井式売買ができる業者
サーバー管理型と手動型
システムトレード入門
システムトレードとは?
ポートフォリオの構築方法
シストレ方法の種類
レバレッジは数倍程度でOK
トラックレコードの読み方
裁量トレードの手間を軽減できる
シストレに必要な能力
シストレに適した通貨ペアは?
デモトレードでまずは検証
シストレの勝率を考えてみる
シストレに必須のバックテスト
テクニカル分析からシストレ作成
基本的なテクニカル分析の種類
売買システムの評価基準は?
ツール別に比較!
MetaTrader4
ZuluTrade
DealBook
掲載FX会社一覧
FXトレード・フィナンシャル
インヴァスト証券・シストレ24
ぱっと見テクニカル
外為オンライン
ひまわりFX
マネックスFX
セントラル短資FX
みんなのシストレ
マネーパートナーズ
みんなのFX
カブドットコム証券
24時間完全自動売買!!
ひまわりFXのエコトレFX!