ポートフォリオの構築方法

FXトレード・フィナンシャルの『FXTFMT4』やひまわり証券の『エコトレFX』のような売買システム選択型のシストレツールを使用する場合は、売買システム(ストラテジー)を何個か組み合わせてポートフォリオを作ることが、リスクを小さくしながら利益を積み重ねるためのコツです。一つの売買システムに集中投資すると、もし相場がストラテジーと反対方向に動いてしまった際、損失だけが増えるばかりになってしまいます。そのためにもリスク分散の考え方が重要になります。

単体で自動売買を実行するのはリスクが高いで、例えば異なる通貨ペアでトレードできるように売買システムを組み合わせたり、トレンドフォロー型のものと逆張り型のもの、短期トレード型と中長期トレード型といったように、取引手法が全く違うものをポートフォリオへ組入れます。そうすることで相関関係が働き、一つのシステムを選ぶよりもリスクを抑えてリターンを高める効果を得ることが出来ます。

中でもおすすめの方法は、短期トレード型と中長期トレード型を組み合わせることです。高頻度に取引をリピートする短期トレード型は一度に大きな利益を期待できませんが、リスクを抑えつつ小さな利益を積み重ねていけます。反対に中長期トレード型は、トレード回数が少ないですが、大きくて長く続くトレンドに乗ってしまえば、1回の取引でも大きな利益が望めます。しかしながら、損失も大きくなるという欠点もあります。

ファンドマネージャーのように考えよう!

このようにシステム任せにトレードをするにはファンドマネージャーのような視点で戦略を練ることが大切になってきます。インデックスファンドを組むようにバランスを考えながらストラテジーの組み合わせると、欠点を補完し合いながら利点を伸ばせるポートフォリオを構築できます。

売買システムをポートフォリオへ組み入れる本数は3〜5本をオススメします。自分自身でトレードを行わないからこそ、様々なタイプの売買システムを混在させながら、継続して安定した利益を狙っていくことが求められるのです。

シストレ対応FX業者比較
最新人気ランキング
総合比較
選択型から選ぶ
プログラム型で比較
売買戦略型を比較
未来予測型を比較
売買シグナル機能で選ぶ
マット今井式売買ができる業者
サーバー管理型と手動型
システムトレード入門
システムトレードとは?
ポートフォリオの構築方法
シストレ方法の種類
レバレッジは数倍程度でOK
トラックレコードの読み方
裁量トレードの手間を軽減できる
シストレに必要な能力
シストレに適した通貨ペアは?
デモトレードでまずは検証
シストレの勝率を考えてみる
シストレに必須のバックテスト
テクニカル分析からシストレ作成
基本的なテクニカル分析の種類
売買システムの評価基準は?
資金サイズに合わせた運用
元手資金はいくら必要か
シストレにおける損切り
ツール別に比較!
MetaTrader4
ZuluTrade
DealBook
掲載FX会社一覧
FXトレード・フィナンシャル
インヴァスト証券・シストレ24
ぱっと見テクニカル
外為オンライン
ひまわりFX
マネックスFX
セントラル短資FX
みんなのシストレ
マネーパートナーズ
みんなのFX
カブドットコム証券
24時間完全自動売買!!
ひまわりFXのエコトレFX!