シストレと損切り

FX取引に限らず、投資の世界では常に損切り(ロスカット)は重要なリスクマネジメントの一貫として取り扱われています。実際にFX関連の書籍やセミナーなどでも損切りの重要性がしつこいほどに強調されます。

確かに損切りをしっかり行う事は重要なことなのでしょうが、システムトレードにおける損切りも同様なのでしょうか?売買ルールに損切りを組み込む事がシストレではどのような意味があるのか考えてみましょう。

シストレにおける損切りの位置づけ

シストレにおける損切りは一体どのような役割を持つのでしょうか?まず最初に思い浮かぶのはやはりリスクを限定するという点でしょう。

しかし、実際にはシストレで成功している人には損切りをあまり推奨しない人が多いようです。なぜなのでしょう?

シストレで損切りを設定する時にまず考えるのが、損切り幅をどうするかという点です。損切り幅を狭く設定すると頻繁に損切りとなり、勝率は低くなります。一方で損切り幅を広くすると損切りに引っかかる可能性は低くなり勝率は高くなります。

つまり、損切り幅を狭くすれば勝率が低くなるため利益はあまり出ませんが、損失も小さくなり資産の増減は緩やかになります。逆に損切り幅を広くすれば勝率が高くなるため資産の増減が大きくなるということになります。

シストレにおいての損切りとは結局、目標となる勝率をどのように設定するかという役割性が強いわけです。そして、損切りによるリスク限定が必要な売買ルールとは、つまり目標となる勝率が最初から適切では無いと言えるのではないでしょうか。

シストレで利益を出せるか出せないかの最も重要なポイントは、仕掛けと利益確定のタイミングです。この部分で上手く作用しない売買ルールは結局のところ、損切りの有無に関わらず勝てるシステムにはなりえません。

シストレで勝てる売買ルールを作るためには損切りをどうするかではなく、損切りが必要ないような売買ルール作りを心掛けることをおすすめします。

システムを選択して簡単にシストレを始められるFX業者ベスト3!

FX業者のシストレツール内に数多く用意されている自動売買システム中から自分の取引戦略に最適なストラテジーを選択するだけで無料で簡単に24時間自動売買ができるようになるツールを紹介します。操作方法もかなり簡単でFX初心者でも迷わず直感的に実行できます!

>> FXシストレランキングをすべて見る

シストレ対応FX業者比較
最新人気ランキング
総合比較
選択型から選ぶ
プログラム型で比較
売買戦略型を比較
未来予測型を比較
売買シグナル機能で選ぶ
マット今井式売買ができる業者
サーバー管理型と手動型
システムトレード入門
システムトレードとは?
ポートフォリオの構築方法
シストレ方法の種類
レバレッジは数倍程度でOK
トラックレコードの読み方
裁量トレードの手間を軽減できる
シストレに必要な能力
シストレに適した通貨ペアは?
デモトレードでまずは検証
シストレの勝率を考えてみる
シストレに必須のバックテスト
テクニカル分析からシストレ作成
基本的なテクニカル分析の種類
売買システムの評価基準は?
ツール別に比較!
MetaTrader4
ZuluTrade
DealBook
掲載FX会社一覧
FXトレード・フィナンシャル
インヴァスト証券・シストレ24
ぱっと見テクニカル
外為オンライン
ひまわりFX
マネックスFX
セントラル短資FX
みんなのシストレ
マネーパートナーズ
みんなのFX
カブドットコム証券
24時間完全自動売買!!
ひまわりFXのエコトレFX!